キャリアとしてバックエンドエンジニアが最もコスパが良い理由

HSP

どうも、ミヤマです。

 

エンジニアの中には、バックエンドエンジニアというエンジニアがいます。

 

今回は、バックエンドエンジニアが最もコスパが良い3つの理由、解説していきます。

ぜひ、参考にしてください。

理由1: キャリアの選択肢が広い

バックエンドエンジニアは、担当する業務内容が多岐にわたり、それだけの知識やスキルが必要になります。

つまり、そのぶんキャリアの選択肢になるということです。

 

例えば、キャリアの選択肢としては、

  • フルスタックエンジニアを目指す
  • スペシャリストを目指す
  • CTO、マネージャーといった管理職

です。

 

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]CTOやマネージャーというポジションは、人数の少ないような小さい会社であれば、割となれます。[/word_balloon]

 

バックエンドエンジニアの業務のバリエーションの多さ

1つめキャリアの選択肢が多くなる要因として、開発において担当する業務のバリエーションがあります。

 

具体的にいうと、

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]・インフラの整備
・設計
・実装
・コードレビュー
・デプロイ[/word_balloon]

などなど。

 

こういったシステムの土台作りをいかにしっかり作るかが、機能追加やバグを対応するときの工数の具合に関わってきます。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]この土台作りがバックエンドエンジニアの腕の見せどころです。[/word_balloon]

 

理由2: バックエンドエンジニアは単価が高い

フロントエンドエンジニアに比べると、バックエンドエンジニアになる人は少ないです。

 

それ故に、単価はフロントエンドエンジニアよりもバックエンドエンジニアの方が高いです。

例えば実際に、workshipで調べてみてください。

 

理由3: 実はそこまで勉強しなくてもなれる

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]実はバックエンドエンジニアになるためにはそこまで勉強しなくてもなれます。[/word_balloon]

その理由を2つ、解説します。

 

新しい技術は、既存のものの改良から生まれる

技術は日々発展し、新しいサービスが出てきます。

 

とはいえ、

 

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]全く見たこともない、まったく分からん[/word_balloon]

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]宇宙語かな?[/word_balloon]

 

と思ってしまうようなものが出てくるわけではありません。

 

新しい技術というのは、既存のものの改良から生まれます。

 

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]ベースの勉強さえちゃんとしていれば理解できます。[/word_balloon]

 

ベースにある技術の理解度で差がつく

 

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]もしスキルに差がつくとすれば、ベースにある技術を理解の度合いの差です。[/word_balloon]

 

例えば、コンテナという技術を初めて勉強するのに必要な知識は、サーバやOSの知識になってきます。

 

この知識がない人はサーバやOSの知識からはじめないといけません。

 

一方で、サーバやOSの知識がある人は簡単に理解できちゃうようなものです。

まとめ

今回は、キャリアとしてバックエンドエンジニアが最もコスパが良い理由、を解説しました。

バックエンドエンジニアに一度なってしまえば、将来的なキャリアの選択肢が選べるようになるので、コスパがいいです。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

SNSなどでシェアしてもらえると嬉しいです。