【副業したい!】HSPエンジニアの案件の探し方(オススメのサイト紹介します。)

HSP

どうもHSPエンジニアのmiyamaです。

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]副業は許可されているけど、何をやればいいのか分からない[/word_balloon] [word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]システムエンジニアをしているけど、副業なんてできるのかな?[/word_balloon]

って副業を始めるときには誰でも思いますよね。とはいえ、やってみると副業ってそんなに難しくないです

そんなわけで副業してみたいけど、どんなふうに始めたらいいのかわからない、という人に向けてHSPのエンジニアが副業を始め方をぼくの経験を含めながら解説します。

これから副業をはじめていきたい人はどうぞ、読み進めてほしいです。

HSPエンジニアの案件探し

システムエンジニアとして副業をはじめるなら、クラウドソーシングサイトに登録する事から始めましょう。

正直、クラウドソーシング系のサイトを片っ端から当たればなにか自分に合う副業が見つかります。数勝負です。

ここでは僕が利用しているシステムエンジニアが利用できそうなクラウドソーシングサイトを、一挙紹介します。

【知っておきたい】HSPエンジニアが副業をするメリット/デメリット

クラウドワークス

クラウドワークスは言わずと知れたクラウドソーシングサイトですね。

システムエンジニアとしての案件に限って言えば、システム開発の案件は正直、ありません。あっても「その金額、期間でそれはできないわ」と言っちゃうようなものが多い印象です。

ぼくはWEBライターの副業もやってみたのですが、そういったシステム開発以外の仕事もあったりするので、いろいろと見てみたい方にはオススメです。

https://crowdworks.jp/

クラウドリンクスという似たようなものもあるようです。(運営会社はクラウドワークス)

https://start.crowdlinks.jp/

Lancers

クラウドワークスとそんなに違いは感じません。クラウドワークスかLancersどっちか登録しておけば、どんな仕事が副業全体としてあるのかを把握することができると思います。

https://www.lancers.jp/

複業クラウド(旧Anotherworks)

僕のオススメは複業クラウドです。案件の更新頻度が1ヶ月に一度くらいあり、割と更新されている印象です。

スマホのアプリがありそこで企業とのマッチングや案件探し、メッセージのやりとりができるようになっていてカジュアルな感じで進められるのが個人的に好きです。

案件としてはかなりバリエーションがあり、週1数時間から始める事ができる案件もあるので、少しずつ始めていきたいという人にはおすすめです。

https://talent.aw-anotherworks.com/

シューマツワーカー

名前の通り週末に働けるような仕事が紹介されているのシューマツワーカー。システム開発系の案件も含めリモートでできるような案件も割とあります。

週1、10h時間稼働からという条件の案件もあり、小さくはじめてみたい人向けです。

https://shuuumatu-worker.jp/

ITプロパートナーズ

フリーランスでガッツリ入りたい人向けのようで、副業から小さくはじめてみたいという人には向かないかもしれません。案件は基本的にシステムエンジニアの関わるような仕事が多く、上流から下流まであるようです。

登録が完了するとITプロパートナーズの担当の電話でヒアリングされます。電話でのやりとりが面倒だな、と思う方は登録をやめておくのがいいかもしれないです。

https://itpropartners.com/

ソクダン

システム開発の案件数は充実している印象です。メールでも毎日、新しい案件の連絡がくるので新しい案件を常にチェックできるのは良いかもしれません。

基本的にはプログラミングのスキルがあることが前提としており、中にはプログラミング講師の案件もあったりします。

https://sokudan.work/

アサインナビ

人材を探し、案件探しのマッチングをするサービスで案件を探すこともできれば、なにか案件をお願いすることもできるようです。(ぼくは登録しているだけで使ったことはありません。)

案件の大きさとしてもフリーランスのように丸一日の時間を自由に使えるような人向けの案件が多い印象です。

https://assign-navi.jp/

ビザスク

スポットでのコンサルを探している人とコンサルティングできる人をマッチングするためのサービスです。本業でやっているプログラミングや要件定義といったスキルをスポットでのコンサルとして活かしてみたい、上流工程が得意という人にはオススメのサービスです。

https://service.visasq.com/

workship

システム開発の案件がほとんどでフロントエンド/バックエンド関係なくスキルの難易度は幅広い印象です。稼働日数によって検索できるUIとなっているので、案件も探しやすいです。

https://goworkship.com/

 

HSPエンジニアが働きやすい職場環境とは?

副業した方が収入が増やしやすいと気づいたHSPエンジニアのぼく

会社で働いてみると、会社で働いて上げられる給料はぼくが思っていたより少ないことにびっくりしませんでしたか?ぼくは割とびっくりしました。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]サラリーマンって夢無いなー、とすら思いました。[/word_balloon]

そこで試しに副業でWEBライターをやってみたところ、意外と報酬もらえたんです。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]その時は一本3000円のブログ記事を書いてました。[/word_balloon]

そしてぼくは「副業した方が本業で収入あげるより、収入増やしやすいだろ」と思い副業で稼ぐ道を歩むことになりました。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]しかも自分で仕事は選べる。最高やん。[/word_balloon]

HSPエンジニアが副業を始める時にまずやること3つ

副業として働くときに決めることは3つです。

  • とりあえず、クラウドソーシングサイトに登録する
  • どれくらいのペースで働くか決める
  •  どんなスキルを活かしたいか決める

とりあえず、登録する

HSPエンジニアの案件探しの項目で紹介したサイトにとりあえず片っ端から登録しましょう。登録するだけならどのサイトも無料なので、失うものはなにもありません。

どれくらいのペースで働くか決める

副業で働くことを決めたなら、次はどのくらいのペースで働くつもりなのか、決めます。

「どれくらい収入が欲しい」とか「週に○時間、稼働する」という具合でざっくりでもいいので、決めちゃいましょう。

イメージしておくとサイトで案件を探す時の基準になります。

どんなスキルを活かしたいか決める

最後に自分のスキルをどう活かしたいのか、を決めます。

システムエンジニアであれば、

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]ガッツリPHPの開発をやりたい[/word_balloon]

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]ちょっとやったことがあるVueを実践的なレベルまで持っていきたい[/word_balloon]

のようにどのスキルを活かしていきたいかを決めておくとよりスムーズに案件が探しやすくなります。

【HSPエンジニア必見】仕事に集中するためにやるべきこと

HSPエンジニアとしてスタートを切ろう

副業するならとりあえずクラウドソーシングサイトに片っ端から登録して、良さそうと思ったところから説明を受けてみるのがいいかもです。説明を受けるだけならタダなんで。

やってみて初めて気づくこともあるので、なんなら直感で引き受けてもいいと思います。

こんなところで今回は副業の始め方について解説しました。

いきなり始めるのは大変という方は、どれか一つでもサイトに登録してみることから始めてみてください。

HSPエンジニアの仕事の向き合い方